fbpx

ニュース

「GMOサイバーセキュリティfor社会インフラ」の提供開始

2022.10.05
プレスリリース

ホワイトハッカーのノウハウを活かした
社会インフラ向けサイバー攻撃対策状況のチェックサービス 
「GMOサイバーセキュリティfor社会インフラ」の提供開始 

~2022年10月5日(水)~11月30日(金)までにお申込みいただいたお客様を
対象に、1年間無償でご利用いただけるキャンペーンを実施~

GMOインターネットグループでサイバーセキュリティ関連事業を展開するGMOサイバーセキュリティ byイエラエ株式会社(代表取締役CEO:牧田 誠 旧称:イエラエセキュリティ 以下、GMOサイバーセキュリティ byイエラエ)は、本日2022年10月5日(水)より、社会インフラ(鉄道、電力、ガス、医療、水道など)のサイバーセキュリティリスクを評価する「GMOサイバーセキュリティfor社会インフラ」の提供を開始します。

「GMOサイバーセキュリティ for社会インフラ」は、近年問題視される外部からのサイバー攻撃に対する対策状況を自動でチェックできるサービスです。攻撃者の目線を持つ高スキルなセキュリティエンジニア(ホワイトハッカー)のノウハウを活かした、定期的なモニタリングサービスを提供いたします。 また提供開始に伴い、社会インフラを提供する事業者様への応援として、2022年10月4日~2022年11月30日までにお申し込みいただいたお客様を対象に、1年間の無償提供をいたします。

【提供開始の背景】
 近年のデジタルトランスフォーメーションの進展に伴い、これまで外部と隔離して運用されてきた重要インフラシステム(鉄道、電力、 ガス、医療、水道など)が外部インターネットに接続される機会が増えております。外部との接続に伴い、社会生活の利便性が高まる一方で、複雑化・巧妙化するサイバー攻撃のリスクも高まっており、サイバーセキュリティに関する取り組みが急務になっています。このような背景を受け、GMOサイバーセキュリティ byイエラエは、社会インフラ事業者向けに「GMOサイバーセキュリティ for社会インフラ」サービスの提供を開始いたします。

【GMOサイバーセキュリティfor社会インフラの特徴】
(URL:https://gmo-cybersecurity.com/service/lp-for-infra/
 社会インフラ事業で使われているシステムにサイバー攻撃につながる脆弱性がないか、継続的に評価・管理できるシステムを提供します。ご登録いただいたドメインやIPアドレスに既知の脆弱性や設定ミス、漏洩情報の有無をチェックいたします。

 サービスのWebサイトから現状の対策レベルと今後必要な対応が一覧でわかりやすく可視化されるためこれまでセキュリティに取り組んだことがないご担当者様でも、どのようなサイバー攻撃リスクがあるのか簡単に確認できます。

■サービス提供内容
1.クローリングによるドメイン情報の収集
2.利用しているソフトウェアの脆弱性や設定ミスを検知
3.機密情報が漏洩していないかモニタリング

■サービス概要

■システムイメージ

■早期登録キャンペーン概要
2022年10月5日(水)~11月30日(金)までにお申込みいただいたお客様を対象に、本サービスを1年間無償でご利用いただけるキャンペーンを実施します。

申込期間:2022年10月5日(水)〜11月30日(金)
申込方法:下記サービスサイトより無償キャンペーンご利用希望の旨、お問い合わせください
対象者:社会インフラ(鉄道、電力、ガス、医療、水道など)に関連する事業をされている方々
URL:https://gmo-cybersecurity.com/service/lp-for-infra/

経験豊富なエンジニアが
セキュリティの不安を解消します

Webサービスやアプリにおけるセキュリティ上の問題点を解消し、
収益の最大化を実現する相談役としてぜひお気軽にご連絡ください。

疑問点やお見積もり依頼はこちらから

お見積もり・お問い合わせ

セキュリティ診断サービスについてのご紹介

資料ダウンロード