fbpx

CVE-2021-20729

pfSenseにおけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性


報告者

渡部 裕

概要

悪意のある URL を通じて captive ポータルログインページへアクセスさせられたユーザのウェブブラウザ上で、任意のスクリプトを実行される恐れがあります。

影響を受けるシステムおよびバージョン

  • pfSense CE Software バージョン 2.5.2 およびそれ以前
  • pfSense Plus Software バージョン 21.05 およびそれ以前

CVSS

6.1

参考URL

https://jvn.jp/jp/JVN87751554/index.html
https://jvndb.jvn.jp/ja/contents/2022/JVNDB-2022-000020.html
https://docs.netgate.com/downloads/pfSense-SA-21_02.captiveportal.asc

経験豊富なエンジニアが
セキュリティの不安を解消します

Webサービスやアプリにおけるセキュリティ上の問題点を解消し、
収益の最大化を実現する相談役としてぜひお気軽にご連絡ください。

疑問点やお見積もり依頼はこちらから

お見積もり・お問い合わせ

セキュリティ診断サービスについてのご紹介

資料ダウンロード